環境ビジネスWEB定例会のご案内

2020年06月10日

「何故、今、海外進出なのか? ~海外市場を狙う理由と、押さえておくべきポイント~」

【概要】
環境ビジネスは、国内のみならず海外進出を通じて、より良い世界創造を牽引する可能性も秘めています。 コロナの渦にある世界で、経済やビジネスの在り方の再構築が求められていますが、その中でも、環境ビジネスに取り組む企業の中には、海外進出の準備を進めている社長達がいます。

何故、今、海外進出なのか?環境ビジネスが国内市場だけでなく、海外市場を狙う理由とは?

どの国を狙うのか?どうして、その国なのか?
また、どのようなリスクを想定しているか?
そのリスクを回避するためには、どのような方法を考えているのか?

一歩先へ進むために、海外進出に向けて押さえておくべきポイントや、意外な落とし穴となる「こんなこと、あるある」話などを皆様と共有したいと思います。

そして、今だからこそ海外進出へと歩みを進めている社長と共に、過去の経験談なども踏まえながら、新たなる経済モデルの可能性と、海外進出を目指す上での課題と対策を探ります。

◆環境ビジネスWEB定例会◆

【開催日時】
6月25日(木)18:00~20:00

【開催場所】
Zoom会議システム
※参加URLは前日に参加者にお送りします。

【参加費】
EBRI会員 無料
非会員 1,000円

【申込方法】
下記の専用フォームよりお申込み下さい。
https://ebri202006.peatix.com/

【締切】
6月24日(水)12時まで

【スケジュール】
(17:45より入室可)
18:00~
開会
18:00~18:05
理事長挨拶(5分)
18:05~19:15
メインプレゼン+パネルディスカッション(70分)
パネラー 理事寺田雅一(株式会社寺田鉄工所 代表取締役
パネラー 理事長谷川雄一(株式会社長谷川電気工業所 代表取締役社長)
ファシリテーター理事長 山口真奈美(株式会社FEM 代表取締役)
19:15~19:20
ブレイクタイムまたは時間調整(5分)
19:20~19:50
参加者自己紹介&フリートーク(20分)
19:50~20:00
閉会

【お問合せ先】
環境ビジネス総合研究所 事務局 担当:岩松
iwamatsu-eco@urban-system.co.jp
お申込みお待ちしております。宜しくお願いします。

【登壇者プロフィール】

パネリスト
寺田雅一
環境ビジネス総合研究所 理事
株式会社寺田鉄工所 代表取締役



パネリスト
長谷川雄一
環境ビジネス総合研究所 理事
株式会社長谷川電気工業所 代表取締役社長

大学卒業後東京でIT関連のシステム開発・販売に従事。1991年父が新潟で経営する電気・設備工事会社に戻り2003年代表取締役社長就任。既存の工事業に加え省エネ型機器などの提案を通じユーザーに環境貢献と経営改善を提案。2007年から自社開発の省エネシステム「エコ・ビジョン」で国際特許取得、全国で約100件の病院、ホテルなどに導入。システムで削減したCO2のクレジット化の支援事業も行う。
2015年中国西安のホテルに納入。2019年タイにて代理店販売開始。
株式会社長谷川電気工業所 本社所在地 新潟県村上市 創業 1946年
事業内容 電気・空調・給排水、通信・制御工事 省エネシステム開発


ファシリテーター
山口真奈美
環境ビジネス総合研究所 理事長
株式会社FEM 代表取締役

地球環境保全と国際認証の研究の傍ら、環境教育やCSRに関する活動に従事。
研究所勤務などを経て2003年FEM設立。
2006年より国際認証機関日本法人立上げ及び代表も兼務。
2017年日本サステナブル・ラベル協会設立、持続可能な信頼性のある国際基準を軸に、多岐にわたる認証・ラベルを支援。専門は、持続可能な責任ある調達や環境社会的配慮、エシカル消費と生物多様性、CSR、国際認証等。コンサルティング・アドバイザリーや教育研修の他、エシカル&サステナブルなライフスタイルが浸透する社会への変革を目指し、日本エシカル推進協議会副会長等、様々な社外活動にも携わる。