EBRIセミナーSDGsと環境ビジネス「これでいいのか?!SDGs」のご案内

2021年02月18日

SDGsが浸透しつつある社会で、環境ビジネスに携わる中小・ベンチャー企業はその実践と同時に自社ビジネスへの関連付けを模索している状況にあります。
そもそもSDGsとは何か。2030年までのアジェンダとして、自分事として、そして自社の中でも、どのように取り入れて実践していけばいいのか、また、SDGsを実践することで自社のビジネスをどのようにステップアップできるのか?という疑問もあるかと思います。
サスティナビリティの専門家をお招きし、今の社会の流れや私たちがどのように未来を創造していけるのか、環境ビジネスの実践を通じて、社会を変革していくための実践的ヒントを共有出来ればと思います。

EBRIセミナーSDGsと環境ビジネス「これでいいのか?!SDGs」のご案内資料

◆EBRIセミナー◆
SDGsと環境ビジネス「これでいいのか?!SDGs」

【開催日時】
3月16日(火)15:00~17:30

【開催場所】
Zoom会議システム
※参加URLは参加者にお送りします。

【主催】
環境ビジネス総合研究所

【定員】
100名(先着順)

【参加費】
EBRI会員 無料
非会員 1,000円
学生 無料
※学生の方は割引コードがございますのでお問合せ下さい。

【申込方法】
下記Peatixサイトよりお申込み下さい。
https://ebri202103.peatix.com/

【締切】
3月12日(金)まで

【プログラム】
15:00~15:05(5分)
開会挨拶 山口真奈美理事長
15:05~15:35(30分)
基調講演「何故SDGsが経済に必要か?」河口 真理子氏
15:35~16:05(30分)
基調講演「SDGsウォッシュとアウトサイドインの対比」森 摂氏
16:05~16:10(5分)
登壇理事ご紹介
16:10~17:25(85分)
パネルディスカッション「これでいいのか?!SDGs」(Q&A含む)
河口氏、森氏、山口理事長、寺田雅一理事、長谷川雄一理事、東京大学学生、法政大学学生
17:25~17:30(5分)
閉会挨拶

【登壇者プロフィール】
河口 真理子氏
立教大学特任教授/不二製油グループ本社CEO補佐/大和総研特別アドバイザー一橋大学大学院修士課程修了(環境経済)後大和証券入社。大和証券グループ本社CSR室長、大和総研研究主幹など歴任。2020年4月より現職。
企業の立場(CSR)、投資家の立場(ESG投資)、生活者の立場(エシカル消費)の分野サスティナビリティ全般に関し20年以上調査研究、提言活動に従事。アナリスト協会検定会員、国連グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン理事、NPO法人・日本サスティナブル投資フォーラム共同代表理事。エシカル推進協議会理事、プラン・ジャパン評議員、サスティナビリティ日本フォーラム評議委員、WWFジャパン理事、環境省中央環境審議会臨時委員、経済産業省家電リサイクルにかかわる審議会、長野県環境審議会専門委員。著書「ソーシャルファイナンスの教科書」生産性出版、「SDGsで『変わる経済』と『新たな暮らし』」生産性出版。

森 摂氏
サスティナブル・ビジネス・マガジン「オルタナ」編集長。東京外国語大学スペイン語学科卒、日本経済新聞社入社、編集局勤務。
1787年、環境庁担当として、国連ブルトラント委員会の東京会議・東京宣言「持続可能な開発に向けて」を取材、日本初の「サスティナビリティ」記事に。1998~2001年日本経済新聞ロサンゼルス支局長、2002年退社。NPO法人ユナイテッド・フィーチャー・プレス(現・在外ジャーナリスト協会)設立。現在も理事長。
2006年、株式会社オルタナ設立。2007年3月、環境とCSRと「志」のビジネス情報誌「オルタナ」創刊、編集長に就任、現在に至る。

寺田 雅一氏
環境ビジネス総合研究所理事/株式会社寺田鉄工所代表取締役
1963年広島県福山市生まれ。1986年大阪工業大学経済工学科卒業。
1986年株式会社リード電機(現・キーエンス)入社。
1989年株式会社寺田鉄工所(三菱重工関連会社)入社。
2007年同社・社長就任。2008年再生可能エネルギー・太陽熱利用事業開始。
2010年ひろしま・夢・エネルギー大賞受賞。オープンイノベーションにより太陽熱利用の冷暖房除湿システムを開発し、ZEB(ネットエネルギービル)普及に貢献。

長谷川 雄一氏
環境ビジネス総合研究所理事/株式会社長谷川電気工業所代表取締役社長
大学卒業後東京でIT関連のシステム開発・販売に従事。
1991年父が新潟で経営する電気・設備工事会社に戻り2003年代表取締役社長就任。
2007年自社開発の省エネシステム「エコ・ビジョン」で国際特許取得、全国で約100件の病院、ホテルなどに導入。システムで削減したCO2のクレジット化の支援事業も行う。
2015年中国西安市のホテルにエコ・ビジョン納入。
2020年タイバンコク市の病院にエコ・ビジョン納入。

山口 真奈美氏
環境ビジネス総合研究所理事長/株式会社FEM代表取締役 地球環境保全と国際認証の研究の傍ら、環境教育やCSRに関する活動に従事。研究所勤務などを経て2003年FEM設立。
2006年より認証機関Control Union日本法人立上げ及び代表も務めた。
2017年日本サスティナブル・ラベル協会設立、持続可能な信頼性のある国際基準を軸に、多岐にわたる認証を支援。持続可能な責任ある調達や環境社会的配慮、エシカル消費と生物多様性、CSR、国際認証等を専門とし、コンサルティング・アドバイザリーや教育研修の他、エシカル&サステナブルな社会への変革を目指し、日本エシカル推進協議会副理事長等、様々な活動も兼任。